フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年1月 3日 (火)

第22回新春サイクルミーティング

第22回新春サイクルミーティング
恒例のマッドガード付自転車が今年は86台勢揃いしました。
気温暖かめ、お天気よし・・最高のサイクリング日和です。
集合写真です。



毎年主催していただいているS氏とK氏です。
ありがとうございます。
地元中部圏はもとより関西圏からも集まって来られます。



今年初参加の方々からの自己紹介です。
新潟からご参加の方もお見えです。
12名もおられました。旅自転車ブームですね。



いつも抽選会を開催していただきありがとうございます。
今年は、縁起の良い末広がりの88番を引きました。



なんとサドルをいただきました。ありがとうございます。この絵葉書のようなサイクリングシーンにも憧れます。
cancan氏からは素敵な季節の自転車旅写真カレンダーをいただきました。ありがとうございます。



ルーフトップに積載された旅自転車です。
青い空と自転車・・絵になりますね。



サイクリングにスタートする前にちょっと早めのランチタイムです。
某クラブの方々が大鍋で豚汁を炊き出して¥50で提供してくれています。
2杯いただきました。具沢山で、お腹いっぱい温まりました。ありがとうございます。



S野氏とノンアルコールビールで乾杯!





My TOEI デモンタブル号です。



憧れの自転車が並びます。
パリの宝石・・ルネ・エルスです。



こちらは、ラバネロのタンデムです。
◎タンデム公道解禁14県に(長野、兵庫、山形、愛媛、広島、宮崎、佐賀、新潟、愛知、群馬、京都、富山、大阪、静岡)・・ここは愛知県なのでOKです。





S野氏のTOEI、フレームの塗装をリニューアルされました。
優雅なユーレージュピリーが輝いています。



こちらは、質実剛健、甲羅が特徴的なユーレーアルビー



ゴールドパーツでまとめられたTOEI



サンプレックスJUYが輝いています。



スタート地点に並んだマッドガード付自転車です。





いよいよいつものサイクリングコースへと出発です。





矢作川上流を川沿いに遡ります。



名鉄の廃線跡です。



三河広瀬駅跡です。



駅前には、往時旅籠もされていた広瀬屋さんがあります。



矢作川のダムです。



矢作川沿いの道を遡ります。





赤い鉄橋が目印で、矢作川を渡ります。



かじや(鍛冶屋)さんです。
ショーウィンドウには、農機具が展示されています。



タンデム楽しそうです。



川澄屋さんで、おぜんざいをいただきます。



ぜんざい休憩の後は、けいぞう峠への激坂登坂が待ち受けています。



途中、池のあるところで小休止



峠近くは、最も激坂区間です。





峠で、ヒートアップした身体を休めながらおしゃべり休憩
カンパのウルトラトルククランク軸が緩むアクシデントもありました。中々、携帯工具に10mmの長くトルクがかかるアーレンキーをお持ちの方はおられませんね。



峠から下り始めます。



いつもの場所で編隊を組んで小休止
マッドガード付自転車がこの台数並ぶと圧巻ですね。



途中、少し雨がぱらつきましたが、濡れる程でなくよかったです。
ゴールするとお天気が回復してきました。
ゴール後は、UG氏のCafeがオープンしてコーヒーとお菓子をいただきながら余韻を楽しみました。
走行距離24km
年末年始で身体が鈍っているので、始動はこれぐらいで・・身体が少し軽くなった気がします。
主催していただいたK氏、S氏、ご一緒させていただいた皆さまありがとうございます。

※一部の写真はcancan氏撮影です。

新春サイクルミーティング:実走コース

2017年1月 2日 (月)

初荷はタイヤレバーの新兵器

2WAY Fitのホイールを使っていますが、クリンチャータイヤしか使用していません。
最初からクリンチャーのみ対応のホイールにすればよかったと反省しています。
なぜならクリンチャー仕様より若干リムハイトが大きく、パンク修理時にタイヤを外したり、入れたりするのがきついのです。
特に長距離走った後半でパンクすると手に力が入りません。
タイヤを嵌める時はチューブに傷をつけないように手で嵌めるのが基本ですが、飛び道具があると助かります。
このタイヤセットペンチで、嵌める時間短縮が出来て助かっていたのですが、いかんせん大きくて携帯に不便でした。



今回、シュワルベさんから嵌める時のサポートを兼ねたタイヤレバーが登場しました。
早速、携帯ツールボックスの仲間入りです。
滅多にパンクはしないのでお守り代わりですが、タイヤレバー収納手間から解放されます。





2WAY Fitのリムを補修部品で、クリンチャー仕様リムに交換する奥の手もあります。
シャマルで、ユーラス・シャマル仕様のクリンチャーリムで、30K程度でしょうか。
リムサイドがブレーキシューですり減ってくるとこの手もあります。

2017年1月 1日 (日)

新年明けましておめでとうございます




酉年



伊勢湾越しに渥美半島蔵王山から初日の出が昇る





2016年12月21日 (水)

サコッシュ

サコッシュのプレゼントありがとうございます。

メガネの「グラスヒュッテ」さん


7ITAさん

2016年12月11日 (日)

Kinofit ライディングスクール ブレーキイング編

50m直線ダッシュしていかに制動距離を短く停車するか・・
基本的な止まる技術を学びました。



側面から・・
とっさに反応して、体重移動して足でペダルを踏んばり、フルブレーキイング!



木下先生と制動距離比べ・・
前ブレーキが甘い



落車時は、受け身も大切・・
背中のポケットのおやつもクッションがわりに



集合写真

2016年12月 3日 (土)

クリスマスイルミネーション

クリスマスイルミネーションの飾り付けを行いました。
9:00から12:30・・ポカポカ日和でよかったです。







2016年11月26日 (土)

かぶせ茶生産日本一の水沢もみじ祭り

伊勢茶の故郷、四日市市の水沢町にやってきました。
かぶせ茶生産日本一のお茶畑が鈴鹿山脈の麓に広がっています。伊勢湾が遠望できます。
ここには、歴史あるもみじ谷というもみじの名所があります。今週は、もみじ祭りが開催されています。



もみじも色づいています。青い空に映えますね。







人気者の小入道くんがお愛想を振りまいています。



地元の方々による出店もあります。
四日市でしらない人はいない「ことよ」さんのみたらし団子です。



大きなお鍋で豚汁が炊かれています。
やはり冬は身体の芯から温まる「豚汁」が最高ですね。





わざわざ美味しいたくあんをさらに炊いて塩抜きした「あほだき」が販売されていました。



お茶のお花が満開です。白い清楚な花が咲いています。





第二名神の進延工事も真っ只中です。
日曜日以外は、土砂運搬のダンプカーがひっきりなしに走っていますので、サイクリングは日曜日がいいですね。



四日市スポーツランドの鈴鹿山脈が一望できる展望台です。
次回は、ジェットボイル持参で絶景を眺めながらコーヒーブレークしようっと・・

2016年11月25日 (金)

カトーサイクルのおじさんの新しいお店プレオープン

名古屋のカトーサイクルさんの2階にあったおじさんのオールドパーツやランドナーなどの夢のコーナーが3軒ほど離れたすぐ近くのビルの1階に今風のお洒落な内装でプレオープンしたらしいとの情報でお邪魔させていただきました。
入口正面にオーラを放っている、ピカピカに磨かれ光輝いてるオールクロムメッキのアレックスサンジェ、そしてTOEI、磨き前のエルスと圧巻の展示車両といつも元気で朗らかなおじさんとおばさんに出迎えていただきました。







宮田さんの現行ランドナーモデルです。
丸石さんといいアラヤさんといい現行ランドナーモデルを販売されているお会社に敬意を表します。



オールドパーツの展示棚です。
私の好きなカンパ製エアロシートポストです。


こちらは、MAFACコーナー



こちらはカンパニョーロコーナー



こちらはサンプレックスコーナー



芸術的なロードバイク用の往年のブレーキが並んでいます。



お店の外観です。
本格オープンは、12月からです。
名古屋の名所、いや世界の自転車オールドパーツの名所間違いなしのお店&博物館ですね。

2016年11月20日 (日)

戒長寺さんの感動のお葉つきイチョウの黄色い絨毯

ご住職から11月20日頃が銀杏の見ごろという情報を友人から聞いて、急遽、訪問しました。
近鉄榛原駅から国道165号線を東進、天満台を過ぎて、市街地を過ぎ、左折して、急坂を登坂します。
押し歩きの急勾配です。
周囲の山々の紅葉が見事です。
東海自然歩道にお寺があります。
遠くから見上げても見事な銀杏の木が存在感を放っています。
東海自然歩道を歩くハイカー用の綺麗な水洗トイレもあります。
お寺への最後の急坂に紅葉した紅葉とうす紅色の山茶花の花の印象的なコントラストを楽しめます。



参道の階段正面には、山門と思いきや、鐘楼が構えています。



戒場神社の参道の銀杏の絨毯も見事です。



戒長寺さんの境内(本堂の前)は、観光写真ではもう少し大きく感じたのですが、意外に小さな空間です。
見事に全面、銀杏の葉で覆われている感動の空間が迎えてくれました。
奈良県指定天然記念物のお葉つきイチョウの落葉です。
高さ30mの樹勢がある巨木です。
曽爾村の門僕神社にあるお葉つきイチョウよりも大きいです。





真っ赤な山茶花も咲き誇っていました。



戒場神社には、朴木の巨木があります。
大きな葉っぱも、何か訴えているようです。
奈良県指定天然記念物で、樹齢300年以上だとか





初めて訪れましたが、素晴らしい銀杏の絨毯を敷き詰めた空間に大満足して帰路につきました。



ありがとうございます。

«第25回布目湖畔サイクルフェスタ2016:大和高原コース