フォト
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年7月22日 (土)

せきのやまを楽しむ大和街道加太越えの旅:実走

2017年7月 2日 (日)

山岳グランフォンドin吉野 2017

山岳グランフォンドin吉野の朝がやってきました。
吉野の山々が迎えてくれます。
清々しい朝です。
梅雨時でお天気が心配だったのですが、好天に恵まれそうです。
30℃超えの猛暑で熱中症予防対策をしっかりしないとまずい一日になりそうです。
GW以来の本格的サイクリングで、一抹の不安を抱きながらも、
いつものように淡々と焦らずに水分ミネラル補給を頻繁に怠らず、
安全にマイペースでゴールを目指すだけです。





吉野山観光駐車場のスタート位置に自転車を並べて車検を受けます。
トンネルがあるので、ヘッドライトとバックライトは必須です。



スタート前の姿をスタッフのIWさんに撮っていただきました。
ありがとうございます。
さて、この笑顔のままゴールできるかな・・



同級生のIさんは、昨年秋のイベントで落車して大腿骨骨折から復帰されて、
初めての本格的イベント復帰です。



この地方は、道が荒れているし、お天気が急変するので三種の神器を持参します。
①2ホイールがwayFitなので、疲れた時にタイヤを嵌めるのに時間がかかるので一発で嵌るタイヤセットペンチ
②急な雨に備えて軽量ゴアテックスのアウター
③長めのリアフェンダー
もちろん、塩分、ミネラル補給は、秘薬を・・



奈良県サイクリング協会のSMさんのブリーフィングです。
特に、公道を走るので道路交通法遵守が大切です。
踏切一旦停止もね。



宇陀市の榛生高校自転車競技部の監督です。
今日は一年生がサポートしてくれます。



9:30スタート直前に金峯山寺お坊さまによる安全祈願の法螺貝の音が吉野の山々に響き渡ります。
高鳴る胸の高揚を抑えつつ、2人10秒間隔でスタートします。



三茶屋までは、ダラダラ上りです。
NO嬢に引いていただきながら無理せず身体をサイクリングモードに慣らします。



三茶屋エイドに到着です。
朝飯がわりに、大好物の柿の葉寿司3個と梅干し生姜入りのおむすび1個と塩バナナをいただき、一度に食べずにフロントバッグの中へ・・ジョジョ食べします。
もちろん、熱中症予防でボトルは満タンにしてかたすみの里エイドまで保たせます。



いつもはがっつり食べるIさん、今日は控え目に朝バナナのみでしょうか?
サングラスが落ちずに何故か空中浮揚していますよ。



三茶屋から吉野川まで下ります。
窪垣内交差点の手前の蛇行する吉野川が眺められるパワースポットでYMさんとNO嬢と一緒に記念撮影



高見川沿いの道を遡り東吉野村へと
この時期、川沿いの木陰の道は涼しくて最高です。
日本オオカミ像までやってきました。
日本オオカミにお水をあげる人々です。





ここは東吉野村鷲谷口の街道筋、天誅組と江戸幕府軍との死闘の場所です。



高見川沿いのネギっ子チームのトレインです。



麦笑さんに到着しました。
お店に入って一声ご挨拶、あんこバターがあるではないか!



あんこバターを1個いただきました。
裏エイドです。



パクリッと



麦笑さんと薬師堂さんはいつもの組合せです。
薬師堂で柿の葉寿司をいただきます。





木津(こつ)峠への道すがら、木津(こつ)川を渡る橋で小休止



八坂神社の大きな神杉を見上げて小休止
ここでも神杉を見上げながら、フロントバッグに忍ばせた柿の葉寿司をパクッと



かたすみの里エイドに到着
冷えたスイカを発見
2切れいただきました。



続いて、冷麺「吉野たーめん」って聞いたことがない食べ物が
ツルツルっとお腹の中へと



もちろん柿の葉寿司もいただきました。



パクリッと



Iさん快走の勇姿です。
この先、いやな上りが待ち受けています。



苦しめながらもジグザグ上りで、押し歩きなしで、名も無き峠に到着



いったん下って、一谷峠へと上り返します。
ここは、月うさぎさんへのいつもの峠です。
SHコースの山場は越えました。



かりんとう





関戸峠の五平餅



三茶屋エイド
葛餅

宮滝


貯木




街道筋




近鉄特急


不動坂


ゴール




吉野の山々










山岳グランフォンドin吉野SHコース実走

2017年6月 4日 (日)

緑溢れる快晴の大和高原グリーンフェスタ

今年で開催14年目、満天広場にやって来ました。
私が参加させていただいたのがこれで4年目かな
今年は、梅雨入り前でお天気に恵まれて、しかも爽やかな心地よい風が吹いています。
青葉仁会さんのみなさんが片山右京さんや奈良競輪、岸和田競輪の選手と共に希望を持って自転車に乗ることに挑戦してサイクリングを楽しむイベントです。



私の孫が大好きな自転車です。



開会式前に、片山右京さんとツーショット写真を撮らせていただきました。
ツール・ド・熊野の最終日、そしてこの後、欧州へとタイトスケジュールの中でこのイベントに来ていらっしゃます。



今年は、リュックにもサインをしていただきました。



青葉仁会会長と右京さんのトークがはじまります。
以前、折りたたみ自転車のUGOを右京さんがプロデュースされて、青葉仁会のみなさんが発送作業をされていたこと、ネットで叩かれてUGOから撤退されて、この作業が無くなっことを今年もすごく残念にお話しされていました。
昨年は、UGOに代わる本格的で安価なスポーツ自転車を作りたいと仰っていましたが、どうやら現実的になって来たようです。
プロサイクリングチーム「TeamUkyo」も、今年は、ツアー・オブ・ジャパンで総合優勝を果たされ、ヨーロッパのツールを走る夢も近いて来ています。
ヨーロッパやアメリカでは、e-bikeがものすごく台頭して来ているとか、日本と違ってスピードもロードレーサーの選手並みの50km/hも出るらしく、長距離移動の手段としても活躍していているようです。



11:40サイクリングのスタートです。
布目ダムを目指して往復16kmですが、そこは大和高原、アップダウンで結構走りがいがあります。







布目ダム到着
スポーツドリンクと美味しいゼリーをいただきながら小休止





こんな石灯篭のある風景いいですね。



この田園風景も最高です。



右京さんもゴール



屋台で腹ごしらえしながら、イベントは続きます。
上北山村さんの屋台では、大台ケ原ヒルクライムのポスターが・・是非お越しくださいって宣伝されていました。



トマトゼリーとパスタをいただきました。



木のスプーンもいいでしょ



こんな屋台も出店されていました。







また、来年、大和高原グリーンフェスタには、絶対参加させていただきたいと思っています。


2017年4月16日 (日)

とびしま海道2017年春:実走

2017年4月15日 (土)

しまなみ海道2017年春:実走

2017年4月 9日 (日)

宇陀桜巡り2017年春:実走

2017年3月26日 (日)

春の訪れを待つ浜名湖を一周

湖西市降水確率40%・・自宅出発時は小雨、DNSしようかと思いつつも、YAHOOの雨雲レーダー予想だと雨雲を避けながら何とかなるか?と集合場所へ向かいました。
集合場所スタート&ゴール場所の浜名湖ガーデンパークに到着、やはりパッとしないお天気でぱらぱら小雨が降っている。
ゴアテックスのアウター&キャップ、長めの簡易リアマッドガードでほどほどの雨対策をしつつも、スタート時点では幸運にも雨が上がりました。



8:20からのスタート組ですが、ちょっと早めにスタート



どんよりした空と湖面のスッキリしない浜名湖畔のサイクリングロードを走ります。



最初の舘山寺ASに到着しました。
交差点に花がある町は心が和みますね。
菜の花満開です。浜名湖と言えば「うなぎ」です。
うなぎのモニュメントも、あります。



補給食は、B級グルメの浜松餃子です。



舘山寺の遠鉄パルパルさんの遊園地対岸で、トイレ休憩
イベント会場のトイレは長蛇の列なので、途中のトイレで用を足すと時間が助かります。



気賀の関所近くのASです。いつもは関所なのに観光できずに残念です。
いろんなお店の「味噌饅頭」が並んでいます。
今日は、納豆入りにしましたが食べずにお土産にしました。



更に浜名湖畔のサイクリングロードを進みます。



渚のサイクリングロードです。



奥浜名湖の三ヶ日でランチタイムです。
テニスコートがランチタイムエリアですが地面が濡れているので、座って落ち着いて食べれない方々が多かったです。
私はレインウエアを敷いて、保温ボトルの温かいお茶を飲みながらおにぎり弁当をいただきました。
今年は、おにぎりにうなぎの身が入っているかなあ〜
ちょっと入っていました。タレだけだとがっかりですからね。



天竜浜名湖鉄道、尾奈駅前のうなぎです。天に向かって勢いよく伸びていますが、例年満開の背景の桜は残念ながら、まだ咲いていませんでした。



みかん畑の丘を上ります。



峠に到着しひと休み。



路面が濡れているので、特に峠からの下りは要注意です。



松見ヶ浦のヤマハマリーナASでうずら玉子2個の補給食をいただきました。



小さな漁港で写真撮影











港町を走るサイクリストです。



浜名湖産の小魚の佃煮をお土産に買って帰るのですが、こんな「寂しいおしらせ」が貼ってありお店が閉まっていました。



別のお店を探したら街道筋にいいお店がありました。



浜名湖産のせいごの佃煮¥250でお買い上げ!
自宅に帰って食べたら凄く美味しかったです。



東小学校の桜が見事に咲いています。



新居の関所までやってきました。





新居弁天公園ASに到着しました。
銘菓「うず巻き」をいただきます。



新居浜のプロムナードで、ゆっくりの休憩



焼き牡蠣もいただきました。



ゴールに向けて出発です。



浜名湖ガーデンパークに無事ゴール



おしるこをいただいて帰路につきました。



こんな完走記念写真撮影用パネルとカメラシャッターを押すサポート者も配置されていました。
ちょっと気の利いたサービスですね。



今日のお土産の数々です。

春の浜名湖一周:実走

2017年3月13日 (月)

サイクルツーリズム「志摩もぐもぐフルコース」モニター参加

3月も中旬に差し掛かり、志摩半島はすでに春の気配がするお天気です。
リアス式海岸の入り江の奥は、外海の波もなく湖のように穏やかです。
海苔も青々と育っている豊穣の海が広がります。
今日は、サイクルツーリズムのモニターで「平野由香里」さんに志摩半島をグルメ処をサイクリングしながらご案内していただきます。



集合場所の近鉄鵜方駅に一番乗りで到着
駅前には、ビアンキのレンタル自転車もあります。
伊勢志摩を第二のしまなみ海道にすべく、各種PJが立ち上がっているようです。



とりあえず、集合場所に揃ったメンバーで平野由香里さんを囲んで記念撮影



集合時間の9:45を過ぎたので、今日のコース案内が始まりました。
可愛いイラストと笑顔がいいですね。



全員揃って、近鉄鵜方駅前をスタート!



海岸線波打ち際には、青々と育った海苔の養殖筏が並んでいます。



志摩地中海村で小休止



クルーザーも停泊中です。



英虞湾を見下ろす写真撮影スポットで記念写真をパチリっと!



浜島入口にある、伊勢海老王国の看板前で小休止
ポカポカ日和で、眠くなるほどです。



浜島の港に到着



あまりカロリー消費していませんが、ランチタイムです。
浜島で有名なプリンスさん貸切です。
海鮮丼特上¥1,500税込をいただきました。
鰻もたっぷり入っています。



お腹も満タンになり、午後の部スタート!



ちょっと高台に上って、浜島南張の「磯笛岬」にやって来ました。
ここでも、由香里さんの可愛いイラストで観光案内が始まります。
お題は、この岬に伝わる海女と漁師の悲恋の物語・・
海女が海から戻って来ない。漁師は海女がいる海を眺められるこの岬で、海女に帰りをひたすら待っている。
すると海の彼方から磯笛が聞こえてくる。・・
息が苦しいから引き揚げてよって・・



水平線が曲面で、地球が丸いことが想像出来ます。



あっぱ貝の貝殻に願いごとを書いて吊るすと、願いが叶う・・たくさんの貝殻がそよ風に揺られて音を立てながら・・



ツバスの鐘・・
出世魚にちなんで、ここでお願いごとをして鐘を鳴らすと出世するらしいです。

浜島の南張は南張メロンで有名です。
鵜方のパン&Cafeで、南張メロンシュークリームをよく食べた記憶がありますが、南張のメロンハウスがある地元に、新しくメロン三昧の立ち寄り処が出来ていました。
メロンハウス「かわぐち」さんです。
県道から少し入ったところなので初めての方は、ちょっとわかりにくいかも



美味しそうな「メロンパン」
持ち帰りが出来ないので残念です。
メロンジュースもいいですね。
サイクリングの立ち寄り処としては、抜群です。



私は、ランチの海鮮丼でお腹がもぐもぐ状態なので、冬季限定のホットメロンにしました。
メロンにちょっとレモン汁を垂らして酸味を効かしているようです。
身体が温まって、美味しかったですよ。





波打ち際を通る県道を海の景色を眺めながらサイクリング!気分爽快です。
宿浦漁港に到着!
陽光が穏やかな海面に射し込みなんとも言えない海道の風景です。
ここは、カツオのお刺身が絶品の港町です。



デイリーヤマザキさんで小休止
ここに名物の「でこたん羊羹」が売っています。
サイクリング中の補給食として最適ですね。





伊勢うどんも販売されています。





「カニ優先」の道路標識も伊勢志摩らしいです。
ここで、2年間過ごしていましたが、大きな蟹が溝や道路にわんさか出て来ます。



今日のサイクリングの最後の絶景ご褒美は、何と言っても英虞湾を一望できる、ここ「横山展望台」です。



無事、鵜方へ戻って来ました。



帰宅途中、五ヶ所で晩御飯、ここでも志摩海の幸を堪能させていただきました。

«志摩もぐもぐフルコース:実走