フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

2017年8月20日 (日)

ツアー・オブ・奈良・まほろば2017東吉野・曽爾・御杖コース

夏期休暇最終日の日曜日、今まで毎日雨が降ったり止んだり晴れたりと変化するお天気でサイクリングのやる気を削がれていましたが、今日はお天気最高です。
「ツアー・オブ・奈良・まほろば」の東吉野・曽爾・御杖コースに参加させていただき、サイクリングを楽しみました。
今年から大幅にルールが変わっています。
チームで一緒に行動して、ゴールする。
基本コースとチェックポイントとエイドステーションが設定されています。
基本コースから外れた場所にもチェックポイントも設定されています。
基本コースを外れてもよし、順路もフリーです。
そして、チェックポイントやエイドステーションは、全て巡る必要はなく、チームの実力に応じて巡る場所を決めればいいというルールです。
チェックポイントでは、シールが準備されて台紙に貼ってゴールで提出して、チェックポイントに応じて抽選で何か景品が設定されていて、後日、チームリーダー宛送付されるということです。
とにかく、8:00スタートで、15:30までにチーム揃ってゴールすればいいというルールです。
居場所を特定するために「スマココ」を利用します。
主催者曰く、コースフリーなので競争にならないようです。
スタート&ゴール地点の宇陀市大宇陀の「心の森総合体育館」です。
チーム代表者の地元民の同級生のIさんと二人でチームを組んで参加します。



Iさんは、昨年のこの大会で落車されて大腿骨骨折、チタン補強をされての参加です。
よく一年で、ここまで復活されました。
しかし、無理は禁物です。
今日は、欲張らずに、東吉野村・曽爾村・御杖村の大自然を楽しみたいとスタート前に誓います。
そして、無事故で元気にゴールすることが最大の目標です。
チーム代表者のIさんが封筒の中身を確認中です。
この笑顔・・何かいいものでも入っていそうですよ。



ブリーフイングが始まる前の憩いのひとときです。



ブリーフイングが始まりました。





スタート前の使用前の元気な姿・・
さて、ゴール後はどんな姿に?



車検が終わって、スタート準備
トンネルもあるのでヘッドライトとテールライトは必須です。
Iさんのニューマシンのcanyon号です。
リア32T、重量7kgのこのコースに照準を合わせた峠越えスペックです。



8:00いよいよスタートします。



国道166号線 新木津トンネルが見えてきました。



新木津トンネルを通過すると、正面には、高見山がそびえています。



東吉野村の枝垂れさくらで有名な宝蔵寺さんがチェックポイントです。
シールを剥がして台帳に貼って、次に急ぎます。



国道166号線から奈良県道28号線に入ります。
たかすみ温泉のエイドステーションです。
アマゴの塩焼きをいただきました。
アマゴは鮎のように癖がなくて、美味しいです。
模様もいいですね。
炎天下のサイクリングに必須の水や果物等の補給がなくて残念です。
(トイレがあるので水だけは、補給できますが・・
GF吉野の時との落差があり過ぎて)





吉野杉に囲まれた道を往きます。
涼をとれる木陰がありがたいです。



投石(なげし)の滝のチェックポイントです。



せっかくですから、神社の奥にある滝を見学に行きました。



お不動さまがお祀りされています。



マイナスイオンに包まれながら滝をバックに記念撮影





染谷峠へ到着しました。





染谷峠を下って、弁財天石楠花の丘のある大内峠から国道 号線に出ますが、この先、栂坂峠越えに備えて自販機でボトルの水を補給します。
皆さん、たかすみの里のエイドステーションで水の補給サービスがなかったので、ここの自販機が大繁盛です。
幸い、最後のミネラルウォーターを買うことができました。後の方々は、困るだろうなぁ
一旦下って、栂坂峠へと登坂します。
久しぶりの栂坂峠です。



栂坂峠を下って、伊勢本街道の古民家が残る最近「めだか街道」でPRしている旧街道に入ります。







古民家の前には、めだかの水槽が並んでいます。
あっと驚くお値段です。
めだかって、錦鯉みたいに買うものだっけ・・と不思議におもいつつ







曽爾村



鳥の唐揚げ



曽爾村









コロッケ





稲穂



神社



トマト










曽爾高原



お亀



キャンプ



上り



曽爾高原







モヒカン





命の水



みつえ高原牧場





草餅



伊勢本街道


ゴール時間にちょっと遅れましたが、無事15:38にゴールできました。







あきのの湯の割引券
有効期限が当日のみでないところが嬉しいですね。



第5回 ツアー・オブ・奈良・まほろば 2017 東吉野・曽爾・御杖コース IM&HOチーム実走コース
完走してみれば、峠まつりのお楽しみコースでした。
国道166号線:笹峠(標高380m)⇒佐倉峠(標高420m)⇒木津峠(こつ)(標高450m)⇒奈良県道26号線⇒県道28号線:染谷峠(そめたに)(標高710m)⇒国道369号線:大内峠(標高660m)⇒県道28号線:栂坂峠(とがさか)(標高690m)⇒国道369号線⇒県道81号線⇒曽爾高原(標高700m)⇒長尾峠(標高700m)⇒国道369号線:栂坂峠(標高690m)⇒大内峠(標高660m)⇒県道218号線⇒国道166号線:笹峠(標高380m)















ツアー・オブ・奈良・まほろば2017東吉野・曽爾・御杖コース:実走

【峠まつり】
国道166号線:笹峠(標高380m)⇒佐倉峠(標高420m)⇒木津峠(こつ)(標高450m)⇒奈良県道26号線⇒県道28号線:染谷峠(そめたに)(標高710m)⇒国道369号線:大内峠(標高660m)⇒県道28号線:栂坂峠(とがさか)(標高690m)⇒国道369号線⇒県道81号線⇒曽爾高原(標高700m)⇒長尾峠(標高700m)⇒国道369号線:栂坂峠(標高690m)⇒大内峠(標高660m)⇒県道218号線⇒国道166号線:笹峠(標高380m)

2017年7月22日 (土)

せきのやまを楽しむ大和街道加太越えの旅

関宿夏まつりの日がやってきました。
7月の3週目の土日曜日と決まっているようですが、
なぜか今年は、4週目です。
今日は、関にお住まいの会社の大先輩のS氏と
マラソンランナーのI嬢とともに、
関宿夏まつりの関の山車(せきのやま)
=これで精一杯という意味の語源の山車見物です。
夕方の山車が登場するまでのプロローグとして、
旧大和街道加太越えで伊賀の里モクモク手作りファームまで往復サイクリングを楽しみました。
加太越えは、徳川家康が本能寺の変直後、忍者衆に護られて
岡崎まで無事帰った歴史ある山越えルートです。

旅のはじまりは、いつもの関宿「地蔵院」さんです。



関宿西の追分から国道25号線大和街道に入ります。
加太川沿いの気持ちいい川風を感じながら
なだらかな上り基調の自動車の往来がほとんどない道を快走します。
JR加太駅で小休止
熱中症防止で水分ミネラルを補給します。
その昔、スイッチバックで、機関車を二重連にして加太越えをしたものです。



関西鉄道時代の鉄道遺産です。
I嬢は、撮り鉄女だったのですね。



夏色の空が広がる加太越えです。



柘植まで、豪快なダウンヒルを楽しめます。
余野公園の喫茶店「アゼリア」さんで小休止
森の中のひっそりとしたお店で、モーニングもあります。
自家製の紫蘇ジュースをサービスしていただきました。
疲労回復に最高です。



伊賀の里モクモク手づくりファームを目指す前に、
せっかくここまで来たので、滋賀県に入り、
甲賀忍者の里に寄り道します。
マンホール蓋のデザインも甲賀忍者です。



滋賀県発祥の「飛び出し人形」とび太くんは、ここでは忍者くんです。



そして自称甲賀一番のお宮さんの油日神社を訪れます。
参道の石灯籠の列が由緒正しき大社の雰囲気を醸し出しています。





「とび太くん」ありました。



油日神社の立派な門です。



全国の油を扱う企業からの寄進があるようです。
この油缶も、それを物語っています。



地元の銘酒でしょうか、酒樽の名前を覚えておこう。



平安絵巻を見ているようです。



桧皮葺の社が立派です。







門から参道方向の眺めもいいものですね。



手水舎です。
横に井戸があります。
井戸水で冷たいかなぁと思ったのですが、そうでもありませんでした。



伊賀の里モクモク手づくりファームでランチタイム
S大先輩のおすすめでトントンの
ビッグなロースカツ定食をいただきお腹満腹になりました。
ありがとうございます。
帰路は、道の駅あやまに立ち寄って、ちょっと大まわりします。
柘植川沿いの川風が心地よい旧街道の雰囲気を楽しみながら大和街道を加太越えを目指して快走します。



帰路の加太越えを前に木陰で小休止



関宿に帰還しました。
夏まつりの準備万端です。



提灯の裏は、平安絵巻みたいです。



ツバメの巣が壊れて、雛が二羽、下に落ちています。
親鳥が餌を運んでいるので大丈夫そうです。





地蔵院さんの拝観です。
住職さんからいろんなお話をお聞きできてよかったです。
以前は、奈良の大安寺さんや柳生のお寺に見えたそうです。
山号、寺号、院号について教えていただきました。
そして戒名の院号が高い理由も



銘菓「関の戸」さんで山車が出てくるまで休憩させていただきます。
こちらは、服部半蔵由緒の服部さんです。
街道筋で諜報活動も密かにされていたのでしょう。



お店の中から窓越しに街道を往く人々を眺めるのもいいものです。



伊勢茶アイスに、お店でいただく方々へ特別サービスとして和三盆を入れてくれます。



天皇も関の戸をお買い求めされたようです。
その際に使用した納品箱です。
立派ですね。



旧東海道関宿の町並みです。



山車蔵からいよいよ山車が出てきました。







街道の道幅目一杯の関の山車(せきのやま)の風景です。



こういう街道筋のおもてなし飾りが嬉しいですね。



関の有名な「初音」さんのうなぎ弁当です。
うなぎの大きさといい、ごはんの美味しさといい、関西風のちょっと辛めのタレといい、美味しかったです。
S大先輩ありがとうございます。

せきのやまを楽しむ大和街道加太越えの旅:実走

2017年7月 2日 (日)

山岳グランフォンドin吉野 2017

山岳グランフォンドin吉野の朝がやってきました。
吉野の山々が迎えてくれます。
清々しい朝です。
梅雨時でお天気が心配だったのですが、好天に恵まれそうです。
30℃超えの猛暑で熱中症予防対策をしっかりしないとまずい一日になりそうです。
GW以来の本格的サイクリングで、一抹の不安を抱きながらも、
いつものように淡々と焦らずに水分ミネラル補給を頻繁に怠らず、
安全にマイペースでゴールを目指すだけです。





吉野山観光駐車場のスタート位置に自転車を並べて車検を受けます。
トンネルがあるので、ヘッドライトとバックライトは必須です。



スタート前の姿をスタッフのIWさんに撮っていただきました。
ありがとうございます。
さて、この笑顔のままゴールできるかな・・



同級生のIさんは、昨年秋のイベントで落車して大腿骨骨折から復帰されて、
初めての本格的イベント復帰です。



この地方は、道が荒れているし、お天気が急変するので三種の神器を持参します。
①2ホイールがwayFitなので、疲れた時にタイヤを嵌めるのに時間がかかるので一発で嵌るタイヤセットペンチ
②急な雨に備えて軽量ゴアテックスのアウター
③長めのリアフェンダー
もちろん、塩分、ミネラル補給は、秘薬を・・



奈良県サイクリング協会のSMさんのブリーフィングです。
特に、公道を走るので道路交通法遵守が大切です。
踏切一旦停止もね。



宇陀市の榛生高校自転車競技部の監督です。
今日は一年生がサポートしてくれます。



9:30スタート直前に金峯山寺お坊さまによる安全祈願の法螺貝の音が吉野の山々に響き渡ります。
高鳴る胸の高揚を抑えつつ、2人10秒間隔でスタートします。



三茶屋までは、ダラダラ上りです。
NO嬢に引いていただきながら無理せず身体をサイクリングモードに慣らします。



三茶屋エイドに到着です。
朝飯がわりに、大好物の柿の葉寿司3個と梅干し生姜入りのおむすび1個と塩バナナをいただき、一度に食べずにフロントバッグの中へ・・ジョジョ食べします。
もちろん、熱中症予防でボトルは満タンにしてかたすみの里エイドまで保たせます。



いつもはがっつり食べるIさん、今日は控え目に朝バナナのみでしょうか?
サングラスが落ちずに何故か空中浮揚していますよ。



三茶屋から吉野川まで下ります。
窪垣内交差点の手前の蛇行する吉野川が眺められるパワースポットでYMさんとNO嬢と一緒に記念撮影



高見川沿いの道を遡り東吉野村へと
この時期、川沿いの木陰の道は涼しくて最高です。
日本オオカミ像までやってきました。
日本オオカミにお水をあげる人々です。





ここは東吉野村鷲谷口の街道筋、天誅組と江戸幕府軍との死闘の場所です。



高見川沿いのネギっ子チームのトレインです。



麦笑さんに到着しました。
お店に入って一声ご挨拶、あんこバターがあるではないか!



あんこバターを1個いただきました。
裏エイドです。



パクリッと



麦笑さんと薬師堂さんはいつもの組合せです。
薬師堂で柿の葉寿司をいただきます。





木津(こつ)峠への道すがら、木津(こつ)川を渡る橋で小休止



八坂神社の大きな神杉を見上げて小休止
ここでも神杉を見上げながら、フロントバッグに忍ばせた柿の葉寿司をパクッと



かたすみの里エイドに到着
冷えたスイカを発見
2切れいただきました。



続いて、冷麺「吉野たーめん」って聞いたことがない食べ物が
ツルツルっとお腹の中へと



もちろん柿の葉寿司もいただきました。



パクリッと



Iさん快走の勇姿です。
この先、いやな上りが待ち受けています。



苦しめながらもジグザグ上りで、押し歩きなしで、名も無き峠に到着



いったん下って、一谷峠へと上り返します。
ここは、月うさぎさんへのいつもの峠です。
SHコースの山場は越えました。



かりんとう





関戸峠の五平餅



三茶屋エイド
葛餅

宮滝


貯木




街道筋




近鉄特急


不動坂


ゴール




吉野の山々










山岳グランフォンドin吉野SHコース実走

2017年6月 4日 (日)

緑溢れる快晴の大和高原グリーンフェスタ

今年で開催14年目、満天広場にやって来ました。
私が参加させていただいたのがこれで4年目かな
今年は、梅雨入り前でお天気に恵まれて、しかも爽やかな心地よい風が吹いています。
青葉仁会さんのみなさんが片山右京さんや奈良競輪、岸和田競輪の選手と共に希望を持って自転車に乗ることに挑戦してサイクリングを楽しむイベントです。



私の孫が大好きな自転車です。



開会式前に、片山右京さんとツーショット写真を撮らせていただきました。
ツール・ド・熊野の最終日、そしてこの後、欧州へとタイトスケジュールの中でこのイベントに来ていらっしゃます。



今年は、リュックにもサインをしていただきました。



青葉仁会会長と右京さんのトークがはじまります。
以前、折りたたみ自転車のUGOを右京さんがプロデュースされて、青葉仁会のみなさんが発送作業をされていたこと、ネットで叩かれてUGOから撤退されて、この作業が無くなっことを今年もすごく残念にお話しされていました。
昨年は、UGOに代わる本格的で安価なスポーツ自転車を作りたいと仰っていましたが、どうやら現実的になって来たようです。
プロサイクリングチーム「TeamUkyo」も、今年は、ツアー・オブ・ジャパンで総合優勝を果たされ、ヨーロッパのツールを走る夢も近いて来ています。
ヨーロッパやアメリカでは、e-bikeがものすごく台頭して来ているとか、日本と違ってスピードもロードレーサーの選手並みの50km/hも出るらしく、長距離移動の手段としても活躍していているようです。



11:40サイクリングのスタートです。
布目ダムを目指して往復16kmですが、そこは大和高原、アップダウンで結構走りがいがあります。







布目ダム到着
スポーツドリンクと美味しいゼリーをいただきながら小休止





こんな石灯篭のある風景いいですね。



この田園風景も最高です。



右京さんもゴール



屋台で腹ごしらえしながら、イベントは続きます。
上北山村さんの屋台では、大台ケ原ヒルクライムのポスターが・・是非お越しくださいって宣伝されていました。



トマトゼリーとパスタをいただきました。



木のスプーンもいいでしょ



こんな屋台も出店されていました。







また、来年、大和高原グリーンフェスタには、絶対参加させていただきたいと思っています。


2017年4月16日 (日)

とびしま海道2017年春:実走

2017年4月15日 (土)

しまなみ海道2017年春:実走

2017年4月 9日 (日)

宇陀桜巡り2017年春:実走

«春の訪れを待つ浜名湖を一周